キクジロウ観察日記

人間のうた ふかざわよしあき



「うそをつくな」と、おれは言わない。
大事なときにうそをつかなければいいのだから。
大事なときとは、自分を不幸にするかどうかというときのことだ。

「くそまじめにやれ」と、おれは言わない。
くそまじめにやって損をすることが多いからだ。
だけど、やらなければならないときは、どんなにつらくても、くるしくても、
やりぬかなければならない。
それは、自分をだめにするかどうかというときだ。

「ケンカをするな」と、おれは言わない。
つまらないことでしなければいいのだから。
つまらないケンカとは、みにくい感情の剥きだしのことだ。
そこからは、なんにも生まれてこないのだ。
だから、ケンカはつとめて避けるがいい。
だが、始めたら、相手の息の根が止まるまでやめてはならない。

「だれとでも仲よくしろ」と、おれは言わない。
ほんとのなかまと仲よくできればいいのだから。
ほんとのなかまとは、
手をにぎりあい、肩を叩きあいながら、
自慢話ができる相手のことだ。


「まちがいや失敗をするな」と、おれは言わない。
大事なことをまちがえなければいいのだから。
まちがいや失敗をおそれてはならない。
おれが言う大事なこととは、
二度と起ち上がれない自分になるかどうかということだ。
意思と体力で支えきれなくなるというときだ。
他のまちがいや失敗は星の数ほどあったにしても、
少しもこわがることはない。
まちがいや失敗から正しく学んでいく限り、自分を高めていけるからだ。
まちがいや失敗を一つもしない人間は、
結局、何にもしなかったやつなのだ。

「いつも正しくあれ」と、おれは言わない。
神様にも動物にもなれるのが人間だから。
正しく美しいものに感動するが、悪いことをまねるのも人間だから。
喜びと悲しみを同時に受けとめることができるのも人間だから。
いつ、どんなとにも、
うんと喰って、うんとたれて、うんと眠るがいい。
そしてまた、力を合わせて働こう。

「親に心配をかけるな」と、おれは言わない。
心と体が丈夫なやつほど、何かをしないではいられないやつなのだ。
そうである限り、なにかどこかで、親に心配をかけるにちがいないからだ。
親を喰らいつくして
思いっきり勇ましく生きてゆけ。

幸せは、祈って待ってるものじゃない。
戦いとっていくものだ。
自分の弱さと醜さを克服していくときに得られるものだ。
自分を大切にできない限り、どうして人を大切にすることができようか。
自分を大切にすることが、同時に多くの人々を大切にすることになる生き方。
それは、人間にだけできるのだ。
そのことが、人間として生まれてきたものの義務であり権利なのだ。
そのように生きていったとき、
おれたちのまわりに人間が発見され、ほんとのなかまもできるのだ。
そのことが、どれほど嶮しくきびしいものであったにせよ、
歩き続けていかなくてはならないのだ。

悲しみも、苦しみも、怒りも
人間の誇りにかえていけ


雨が降っても、曇っていても、見ろ

あの雲の上には太陽がある




詩人会議 1990・8



卒業式の時にみんなに配られた詩です(´・ω・`)
掃除してたらでてきたんで載せてみた
[PR]
by kikujirou0502 | 2005-10-27 15:23 | 独りごと。
<< 【いろいろ】お土産いぱーい!【... ひさしぶりにリネ日記 >>